粒状改良土のご案内

粒状改良土(スーパーソイル)とは

改良原理(画像が開きます)

石灰改良土では対応出来なかった、水場での使用を実現した製品が粒状改良土です。
27年度の東京都土木材料仕様書の本編に移行された材料であり、東京都道路占用工事要綱にも掲載された材料となっております。

実績一覧

実績一覧

埋戻し材料 比較評価表

当社で販売している埋戻し材は数種類ありますが、その中でも、代表的な材料に焦点を当て比較評価表を作成しました。
個々の材料それぞれの特性がありますが、これら4つの視点から総合的に評価しました。 比較表 比較表 グラフ

粒状改良土の施工現場見学会の開催

日程
2017年3月7日 13:00~
場所
埼玉県朝霞市大字岡(朝霞第二中学校そば)
工事情報
発注者 :朝霞市
工事件名:根岸台第1幹線下水工事(第4工区)
施工会社:T社
当日は板橋区役所、ガス会社をはじめとした発注機関及び粒状改良土協会を含め20名以上に参加して頂き、粒状改良土の特性や施工性を確認して頂きました。

見学会の様子はこちら

粒状改良土の特徴

① 製品が粒状なので、複雑な管などの隙間への充填性に優れています。
② 川砂と同等の透水性を有しており、水締めにも適しています。(再泥化しにくい)
③ 良質な砂と同等の地盤指示力等を有し耐久性に優れています。 
④ 埋戻し、締固めが容易で、再掘削が可能です。 
⑤ 液状化現象が起こりにくい。(震度6クラスの地震に対応)
⑥ 発生土や石灰改良土と比べ比重が1.1t/m3と軽いので、運搬コストや作業効率に優れています。 
⑦ 有害物質の溶出は環境基準以下であり、安全性に問題はありません。
⑧ バージン材より価格が安価です。 

比較動画はこちら

価格表

粒状改良土の用途

用途

参考資料(pdfで開きます)

ページのトップへ戻る